東京都千代田区九段南三丁目3番18号アシスト九段ビル3階

受付時間:8:00〜22:00土日祝も受付中です
※電話に出られない場合には必ず折り返しいたします

無料相談実施中

相談専用ダイヤル(司法書士直通)
お気軽にお問合せください

070-3249-8945

相続関連お役立ち情報

「遺産分割に関する情報」
こちらでは遺産分割協議のやり方や実際の協議書の作成方法等、遺産分割協議に関する情報をご案内しています。

遺言書とは異なる内容の遺産分割協議はできる?

相続 不動産 名義変更 手続き 相続財産 遺産

遺言書とは異なる内容で遺産分割できる。

相続人全員が遺言の内容を知っていて、全員の同意があれば可能です。

相続が発生し、相続手続きをしようとしたら遺言書が出てきた。そのような場合に、遺言書と異なる内容の遺産分割をしたいということが、その時々の事情によりあるかと思います。そもそも、そのようなことができるのでしょうか。できるとしたら、どのようにすればよいのでしょうか。

その答えとしては、「原則として(受遺者を含む)相続人全員の同意があれば、遺言と異なる内容での遺産分割協議は可能」となります。

しかし、下記のような場合には問題があり、注意が必要です。
・相続人のうち誰か一人でも遺言のことを知らない場合
・遺言者が遺言と異なる遺産分割を禁止した場合
・遺言執行者がいる場合

それぞれのケースについてみていきましょう。

①相続人のうち誰か一人でも遺言のことを知らない場合

この場合、原則として遺産分割協議は無効となります。ただし、知らなかった人が後に同意した場合には有効です。

遺産分割協議が無効となった場合には、遺言書に基づいて相続手続きを行うか、再度遺産分割協議を行うことになります。

なお、一部の相続人が遺言書を隠していた場合は、隠していた相続人は相続欠格となり、相続人にはなれなくなってしまいます。

②遺言者が遺言と異なる遺産分割を禁止した場合

この場合、遺言と異なる遺産分割をすることができません。

一度、遺言の内容通りに相続手続きを行った上で、共同相続人や受遺者間で新たな契約(贈与や売買)をし、希望するとおりに財産移転を行うこととなります。

③遺言執行者がいる場合

遺言執行者がいる場合にも原則として遺言と異なる遺産分割をすることができません。

ただし、遺言執行者の同意があれば可能となります。実務上では遺言執行者がいる場合でも、相続人全員が同意している場合には、遺言と異なる分割方法に同意してくれるケースが多いです。


これらのようなケースでは、一度司法書士や専門家に相談されることをオススメいたします。

無料相談実施中!

相続手続き不動産の名義変更遺言書等について、何かご不明な点やお悩みごとがございましたら、お電話もしくはお問い合わせフォームよりいつでもお気軽にご連絡ください。

ご相談は無料です。どんなことでもお気軽にご利用ください。

お問合せ・無料相談はこちら

土地、家、マンションの相続、不動産名義変更登記の無料相談

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(日本全国対応)

相談専用ダイヤル(司法書士直通)

070-3249-8945

受付時間:8:00〜22:00(土日祝日も受付中)
※出られない場合には必ず折り返します。
運営事務所Tel:03-3222-6331(担当:大嶋)