東京都千代田区九段南三丁目3番18号アシスト九段ビル3階

受付時間:8:00〜22:00土日祝も受付中です
※電話に出られない場合には必ず折り返しいたします

無料相談実施中

相談専用ダイヤル(司法書士直通)
お気軽にお問合せください

070-3249-8945

相続関連お役立ち情報

「相続放棄に関する情報」
こちらでは相続放棄手続のやり方やその他の注意事項等、相続放棄に関する情報をご案内しています。

相続放棄とは?

相続 不動産 名義変更 手続き 相続放棄とは 作成

相続放棄は相続財産一切を放棄すること

相続放棄とは、相続人が被相続人の相続財産一切の相続を放棄することです。相続財産一切とは不動産・預貯金等のプラスから借金等のマイナスの財産全ての財産になります。相続放棄をすると、被相続人の財産一切を相続せずに最初から相続人ではなかったとみなされます。

なぜこのような制度があるのでしょうか。それは、例えば多額の借金をしている方が亡くなられた場合、当事者ではない相続人がその借金を引き継ぐことになるのは酷であり、その借金等を支払わなくていいように、相続人に相続放棄という権利を与えようということで認められています。

例えば、親が事業に失敗し多額の借金を抱えたまま亡くなった場合、相続放棄をした相続人は、一切の借金を引き継がなくて済みます。同じように、被相続人が友人の連帯保証人になっていた場合でも、相続放棄をすれば保証人の地位を引き継がなくて済みます。これらのような場合には相続放棄をして、被相続人の借金を一切引き継がないということが非常に有効な手続きとなります。

この相続放棄は口で言ったり書面を作成するだけでは効果がなく、家庭裁判所へ申立をすることが必要となります。

相続放棄をした方が良い場合とは?

それは、「被相続人にプラスの財産よりマイナスの財産の方が大幅に多い」という場合です。

例えば、被相続人が多額の借金を抱えたまま亡くなった場合、プラスの財産が100、マイナスの財産が1,000だったとすると、相続放棄をした相続人は、一切の借金を承継しなくて済みます。

同じように、被相続人が誰かの連帯保証人になっていた場合でも、相続放棄をすれば保証人の地位を引き継がなくて済みます。

これらのような場合には相続放棄をして、被相続人のマイナスの財産を一切引き継がないということが非常に有効な手続きとなります。

また、相続放棄をすると最初から相続人ではなかったとみなされるため、今後相続手続きに参加しなくてよくなります。相続争いや親族との関係が嫌だという方で相続放棄されているケースもあります。

プラスの財産(一例)

・現金、預貯金
・不動産
・有価証券(
株式・国債・投資信託等)
自動車
・貴金属・家具
・債権(他人に貸したお金、過払い金等)
不動産賃借権
 (不動産を借りて住み続ける権利)

マイナスの財産(一例)

・借金
・クレジットカードの利用代金
・住宅ローン
・家賃の滞納
・税金などの公租公課
・交通事故などの損害賠償支払い義務
・亡くなった人の保証人としての地位

無料相談実施中!

相続手続き不動産の名義変更遺言書、相続放棄等について、何かご不明な点やお悩みごとがございましたら、お電話もしくはお問い合わせフォームよりいつでもお気軽にご連絡ください。

ご相談は無料です。どんなことでもお気軽にご利用ください。

お問合せ・無料相談はこちら

土地、家、マンションの相続、不動産名義変更登記の無料相談

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(日本全国対応)

相談専用ダイヤル(司法書士直通)

070-3249-8945

受付時間:8:00〜22:00(土日祝日も受付中)
※出られない場合には必ず折り返します。
運営事務所Tel:03-3222-6331(担当:大嶋)